クレジットカード

先述したように、金融機関においてローンが組めるか否かの審査基準は、職業や社会的地位だけでなく、その人の“クレジットカード”の使用履歴も大きな判断要素とされます。

それでは、金融機関はクレジットカードのどのような内容から、ローン審査をするのでしょうか。これは一般的に、クレジットカードの使用額だと考える方もいるかもしれませんが、ローン審査の対象となるのは、使用額ではなく、“延滞回数”とその期間です。

クレジットカードは、原則として一ヶ月間の使用額を、翌月に利用者の口座から引き落とします。このとき、利用者の口座に請求金額がないばあいは、“延滞”として、利用者に督促状が届けられることになります。このとき、この督促にすぐに応じると問題にはなりませんが、一定期間経過すると、その利用者が“信用のない者”として、いわゆる“ブラックリスト”に載ることになります。こうなると、この利用者は“信用のない者”となります。なお、このブラックリストは全ての金融機関が閲覧することができるため、一度このブラックリストに載ることで、全ての金融機関でお金をかりることができなくなります。なお、一度ブラックリストに載ると、そこから外れるまで数年を要することになります。

くれぐれもクレジットカードの利用には気をつけなければなりません。